TOP
 
 
Last updated on June 5, 2024
 
2024年6月3日 新規 
JACET関東支部 2024年度
6月支部講演会
 
異文化間&グローバルシティズンシップを育む英語教育
ーイタリア訪問調査からー
講 師 : 栗原文子(中央大学)
清田洋一(明星大学)
中山夏恵(文教大学)
日 時 : 2024年6月22日 (土) 16:00-17:20
場 所 : オンライン開催(定員100名)
概 要 :

デジタル技術の進化やグローバルな問題が増大する現代,外国語の学習者には,グローバル市民として,文化を含む複雑な地球規模の問題に対して自律的かつ批判的に分析したり,他者と協働しながら解決を図る力を身に付けることが求められている。Mercer et al.(2020)は,これからの外国語学習者にとって重要な資質能力の1つとして,異文化間能力とシティズンシップをあげている。これらを背景として,筆者らは,本年2月に学習者のシティズンシップ育成を意図した英語教育の実践について理解を深めるため,イタリアのピネロロに訪問調査を実施した。本発表では,訪問調査において見学した絵本を用いたヨーロッパのCLIL実践,日本とイタリアの小学校間での絵本を用いた協同授業,そして,シティズンシップ教育を実践する教員のインタビューについて報告する。そして,それらを基に,シティズンシップの概念を日本の英語教育に取り入れるうえでの示唆を探る。

【講演者略歴】
栗原文子先生(中央大学商学部教授):
ジョージタウン大学より修士号(TESOL)、国際基督教大学より博士号(教育学)取得。JACET SIG教育問題研究会代表。主な共編著:『行動志向の英語科教育の基礎と実践』(三修社, 2017)。最近の主な研究分野:英語教育における異文化間能力およびグローバルシティズンシップの育成、複言語・複文化能力への気づきを促す学習ポートフォリオの開発
清田洋一先生(明星大学教育者学部教授):
上智大学外国語学部英語学科卒業、東京大学大学院総合文化研究科言語情報専攻修士号取得、博士課程単位取得満期退学。JACET SIG教育問題研究会所属。最近の主な共編著:『英語絵本 Over the Wall』(東京書籍, 2024年6月刊行)、 “Global Citizenship in Foreign Language Education: Concepts, Practices, Connections (Routledge Studies in Language and Intercultural Communication)”(Routledge, 2022)、『英語学習ポートフォリオの理論と実践』(くろしお出版, 2017)。最近の主な研究分野は、ミュージアムやアートと連携した英語教育、創造的思考力と異文化間能力
中山夏恵先生(文教大学教育学部教授):
オックスフォード大学教育学部比較国際教育専攻修了(教育学修士)。JACET SIG教育問題研究会副代表。主な共編著:『行動志向の英語科教育の基礎と実践』(三修社, 2017)。シリーズ連載「教科書で異文化理解を考える」https://ten.tokyo-shoseki.co.jp/ten_download/2019/2019063603.htm (東書Eネット,2019)。最近の主な研究分野:異文化間能力、異文化間シティズンシップを育む英語教育

参加費 : 無料
参加方法 : 事前申込制
参加をご希望の方は以下のリンクから事前登録をお願い致します。

https://forms.gle/SVBFfwEkvD3PYBhQ7
問合せ先 : JACET関東支部事務局
jacet.kanto.office@gmail.com
(@は半角に変更してください)
2024年4月7日 新規
第17回(2024年度)関東支部大会
日 時 : 2024年7月6日(土)9:00-18:00
場 所 : 青山学院大学(青山キャンパス)
参加費 : 会員は無料、非会員は2,000円

↓ 発表申込等 詳細 ↓

発表申込締切:2024年4月29日(月)23:59 必着

JACET関東支部 支部長
第17回JACET関東支部大会 大会実行委員長
山口高領(秀明大学)