Last updated on September 10, 2017
 
2017年9月10日 更新 
2017年度
青山学院英語教育研究センター・JACET関東支部
共催講演会(第3回)
 
「英語教員の養成・研修コア・カリキュラムの開発:目標と課題」
講演者 : 馬場 哲生 (東京学芸大学)
日 時 : 2017年10月14日 (土) 16:00-17:30
場 所 : 青山学院大学 17号館 4階 17401教室
・交通アクセス:
 http://www.aoyama.ac.jp/other/access/index.html
・キャンパスマップ:
 http://www.aoyama.ac.jp/other/map/aoyama.html
参加費 : 無料 (事前申込不要)
問合せ先 : JACET関東支部事務局
jacet-kanto-office@cl.aoyama.ac.jp
(@は半角にしてください)
講演概要 :
東京学芸大学は、2015年度と2016年度に「英語教員の英語力・指導力強化のための調査研究事業」を文部科学省から受託し、英語教育専門の大学教員、小学校教員及び中・高等学校英語教員、教育委員会指導主事等を事業メンバーに加え、英語教員の養成と研修のコア・カリキュラムの開発を行った。2015年度にはコア・カリキュラムの試案を作成し、2016年度には試案の検証・改善を行い、(1)小学校教員養成、(2)中・高等学校教員養成、(3)小学校教員研修、(4)中・高等学校教員研修、のコア・カリキュラムの本案を示した。本講演においては、昨今の英語教育改革の流れを概観しつつ、コア・カリキュラムとその背景にある考え方を示し、その活用上の展望や課題について検討する。
講演者略歴 :
馬場 哲生
東京学芸大学 教授
東京学芸大学大学院 英語教育専攻修了。1998年より東京学芸大学で教育・研究活動を行っている。専門は英語教育学。主な著書に、『教科教育学シリーズ⑨ 英語科教育』(編著、一藝社)、『英語授業ハンドブック<中学校編>』(共編著、大修館)、『総合英語 One』(監修・分担執筆、アルク),『英語スピーキング論』(編著、河源社) など。1987年より文部科学省検定教科書『TOTAL ENGLISH』(学校図書) の編集委員を務めている。「英語教員の英語力・指導力強化のための調査研究事業」においては、中・高等学校の教員養成・研修コア・カリキュラム開発の統括を務めた。